接触型ICカード(読み)せっしょくがたアイシーカード

IT用語がわかる辞典「接触型ICカード」の解説

せっしょくがたアイシーカード【接触型ICカード】

情報の読み書きを金属端子などの物理的接触で行うICカード総称キャッシュカード・クレジットカード・ETCカードのほか衛星放送の視聴制御などに利用される。◇「接触ICカード」「接触式ICカード」ともいう。ETCカードは料金所のアンテナと交信する車載器に接触させて利用する。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「接触型ICカード」の解説

接触型ICカード

ICカードのひとつで、データの読み書きを行う際にカードと読み取り機器が接触するタイプ。非接触型のカードに比べ機密性が高く、クレジットカードやキャッシュカードに使われている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「接触型ICカード」の解説

せっしょくがた‐アイシーカード【接触型ICカード】

contact type IC cardICカードの一。カード内部にICLSIを内蔵し、カード表面の接点を通じて各種データのやりとりをする。→非接触型ICカード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android