コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触型ICカード せっしょくがたあいしーかーど

3件 の用語解説(接触型ICカードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

接触型ICカード

ICカードのひとつで、データ読み書きを行う際にカードと読み取り機器が接触するタイプ。非接触型のカードに比べ機密性が高く、クレジットカードキャッシュカードに使われている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

せっしょくがたアイシーカード【接触型ICカード】

情報の読み書きを金属端子などの物理的接触で行うICカードの総称。キャッシュカード・クレジットカード・ETCカードのほか、衛星放送の視聴制御などに利用される。◇「接触ICカード」「接触式ICカード」ともいう。ETCカードは料金所のアンテナと交信する車載器に接触させて利用する。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

接触型ICカードの関連情報