コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接足作礼 せっそくさらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接足作礼
せっそくさらい

頭面礼足,稽首礼足に同じ。インド最敬礼で,地面に両膝をつき,両手で相手の足をいただき,自分の額を大地につけること。この方法は,中国や日本の仏教にも取入れられ,仏陀の足をいただいて礼拝する方法として現在まで行われてきた。五体投地頂礼ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接足作礼の関連情報