接足作礼(読み)せっそくさらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接足作礼
せっそくさらい

頭面礼足,稽首礼足に同じ。インド最敬礼で,地面に両膝をつき,両手で相手の足をいただき,自分の額を大地につけること。この方法は,中国や日本の仏教にも取入れられ,仏陀の足をいただいて礼拝する方法として現在まで行われてきた。五体投地頂礼ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android