五体投地(読み)ごたいとうじ

大辞林 第三版の解説

ごたいとうち【五体投地】

〘仏〙 最高の敬意を表す礼法。両膝・両肘ひじ・頭を地に着け、手と頭で相手の足を頂くようにする。接足礼拝せつそくらいはい。接足礼。頂礼ちようらい。挙身こしん投地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごたい‐とうち【五体投地】

〘名〙 仏語。礼法の一つ。仏教徒が行なう敬礼法で、初めに両膝、つぎに両肘を地につけて、合掌して頭を地につける最敬礼。→五体を地に投ぐ
※観智院本唐大和上東征伝(779)「歩出城外、五体投地、接足而礼、引入開元寺」 〔法苑珠林‐敬仏篇・念仏部〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五体投地の関連情報