推問(読み)スイモン

デジタル大辞泉の解説

すい‐もん【推問】

[名](スル)問いただすこと。取り調べること。
「なせし悪事を―あれど」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいもん【推問】

( 名 ) スル
問いただすこと。特に罪を取り調べること。 「蔵人大夫経憲以上五人、三条にて-せられけり/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐もん【推問】

〘名〙
① 問い調べること。
※正倉院文書‐天平宝字四年(760)三月二一日・道守徳太理啓「又烏申倉著虚納状、先日申給已訖、仍推問宣被命問、頗新田買、頗未進申」
※今昔(1120頃か)七「王若し汝を推問する事有らば、如此き可答し」 〔晉書‐鮑靚伝〕
② 特に、罪をきびしく問いただすこと。取調べをすること。審問すること。吟味。尋問。鞠問(きくもん)
※続日本紀‐神亀五年(728)三月甲子「請後犯罪者。披陳所司。推問得実。决杖一百」 〔風俗通‐過誉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android