コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

援助評価 えんじょひょうかaid evaluation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

援助評価
えんじょひょうか
aid evaluation

より効果的な援助を行なうため,経済協力の所期の目的の達成度,経済,社会に与えた影響,効果,運営管理の円滑さを調査し評価すること。個々のプロジェクトレベルから,セクター・地域・マクロレベルまでそれぞれのレベルでの評価が必要であり,手法はまだ十分には確立されていないが,種々の試みが行なわれている。評価の成果は,プロジェクトの適切さの確認,必要なアフターケアの発見,要因分析による将来の援助への教訓,援助の実態についてのより正確な情報の提供などに活用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

援助評価の関連キーワード開発援助委員会

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

援助評価の関連情報