摩擦深度(読み)マサツシンド

海の事典の解説

摩擦深度

エクマンの吹送流が及ぶ深さ。流れの大きさが表面の exp(-π) (=1/23)になり、方向がちょうど反対を向く深さで代表させ、それを摩擦深度という。コリオリの因数をf、水の密度をρ、鉛直渦動粘性 係数をAとしてπ√(2A/ρf)で与えられる。Aを100cgsに取っても、緯度30度で摩擦深度は56mにしかならず、数百mの厚さを持つ通常の海流を直接の吹送流では 説明することはできない。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android