コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦深度 マサツシンド

海の事典の解説

摩擦深度

エクマンの吹送流が及ぶ深さ。流れの大きさが表面の exp(-π) (=1/23)になり、方向がちょうど反対を向く深さで代表させ、それを摩擦深度という。コリオリの因数をf、水の密度をρ、鉛直渦動粘性 係数をAとしてπ√(2A/ρf)で与えられる。Aを100cgsに取っても、緯度30度で摩擦深度は56mにしかならず、数百mの厚さを持つ通常の海流を直接の吹送流では 説明することはできない。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

摩擦深度の関連キーワードエクマン層

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android