擬く/抵牾く/牴牾く(読み)モドク

デジタル大辞泉の解説

もど・く【擬く/抵牾く/牴牾く】

[動カ五(四)]
さからって非難する。また、従わないでそむく。
「御頼みとあれば―・きませぬが」〈露伴・寝耳鉄砲〉
「をさをさ人の上―・き給はぬ大臣の」〈・常夏〉
他のものに似せて作る。また、他と同じように振る舞う。まねる。
「この七歳なる子、父を―・きて、高麗人(こまうど)と文を作りかはしければ」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android