コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬宝珠虫 ギボシムシ

デジタル大辞泉の解説

ぎぼし‐むし【擬珠虫】

腸鰓(ちょうさい)類の半索動物の総称。浅海などの砂泥地に潜ってすむ。体は細長いひも状で柔軟、前端に擬宝珠形の吻(ふん)をもつ。ヨードホルムのようなにおいを出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎぼしむし【擬宝珠虫】

腸鰓ちようさい綱の半索動物の総称。体はミミズに似て細長い。体長3センチメートルから2.5メートルを超す種まである。前端に擬宝珠形の吻ふんと、襟がある。刺激を与えるとヨードホルムのようなにおいを出す。雌雄異体。砂泥中に U 字形の穴をつくってすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

擬宝珠虫 (ギボシムシ)

動物。腸鰓綱に属する海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

擬宝珠虫の関連キーワード雌雄異体

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android