コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半索動物 ハンサクドウブツ

4件 の用語解説(半索動物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんさく‐どうぶつ【半索動物】

動物界の一門。すべて海産で、体は細長く、前体・中体・後体の3部に分かれ、中体の背側中央に陥入してできた器官がある。発生や幼生の形からは棘皮(きょくひ)動物に近く、形態から原索動物にも類縁がある。腸鰓(ちょうさい)類翼鰓類などを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はんさくどうぶつ【半索動物 Hemichordata】

動物分類学上の一動物門。世界で100種ほどの小動物群である。すべて海産で砂泥中にすみ,自由生活または他動物に着生している。ホヤなどの原索動物と種々の形質で似ているが,完全ではないという意味で半索動物という名が用いられている。ギボシムシが含まれる腸鰓(ちようさい)綱(ギボシムシ綱)Enteropneustaとエノコロフサカツギが含まれる翼鰓(よくさい)綱(フサカツギ綱)Pterobranchiaに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんさくどうぶつ【半索動物】

動物分類上の一門。単体、または群体をなす。体は細長く、前体・中体・後体に分かれる。すべて海産。雌雄異体。原始的な神経系と循環系をもつ。消化管に脊索に似た組織が見られるが、発生は原索動物よりも棘皮きよくひ動物に似る。ギボシムシ類をはじめ、世界に約百種が知られる。擬索類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半索動物
はんさくどうぶつ

動物分類学上、一門Hemichordataを構成する海産無脊椎(せきつい)動物の一群。腸鰓(ちょうさい)綱(ギボシムシ類)Enteropneusta、翼鰓(よくさい)綱Pterobranchia、および群体性の棲管(せいかん)化石のみが知られる筆石(ふでいし)綱Graptolithinaの三綱からなる。かつては、腸鰓類および翼鰓類を含め、または前者のみに対して擬索(ぎさく)類と称したが、現在は用いない。虫体は一般に前後に細長く、前体(吻(ふん)、頭盤(とうばん))、中体(襟(えり)、頸(くび))、後体(躯幹(くかん))に三分され、後体が大部分を占める。前体はただ一つの、そして中体と後体は左右に対(つい)をなす体腔(たいこう)をそれぞれ一対含む。中体は中空の短い円筒形で、その内壁背面に前体の後端部が連結している。前体腹面と中体前縁とで囲まれたところが口にあたる。消化管は、腸鰓類では後体の中心部を太くまっすぐに貫通してその後端に開くが、翼鰓類では後体の中でU字形に背方に曲がる。翼鰓類に限り、中体から一対またはそれ以上の触手腕が突出している。中体内壁の背正中部が前体の中心部に長円筒形に陥入してできた器官(口盲管)が、かつては脊索(せきさく)と相同とみなされたが、現在では否定的見解が強い。むしろ、翼鰓類の一部を除き咽頭(いんとう)壁に鰓裂がみられることが、半索動物と脊索動物との近縁性の根拠となっている。とくに腸鰓類の鰓裂の構造は頭索類のそれと酷似することは注目されるが、半索動物には原索動物一般にみられる囲鰓腔はまったくない。体表は単層繊毛上皮で覆われて粘液に富む。神経細胞や神経繊維は表皮層の基部にある。神経中枢は確定されていない。血管系は開放的で、無色の血液は血球を含み、血管から完全に独立した閉じた袋である心胞(前体にある)の収縮により循環する。排出は、前体にある脈毬(みゃくきゅう)という器官が行うと考えられている。
 腸鰓類はつねに単独で、普通、底質中に潜んで自由生活する。一方、翼鰓類ではその大部分が自ら分泌した棲管の中に集合、もしくは後体後端で互いに連結した群体ですみ、触手腕で水中の懸濁有機物をとらえる。半索動物は雌雄異体で、腸鰓類では、棘皮(きょくひ)動物のある種の幼生のものとよく似ているとされる浮遊幼生トルナリアを出す間接発生のほか、これを出さない直接発生もある。翼鰓類ではプラヌラ型幼生を経る直接発生のほか、間接発生もあると考えられているが、現在はまだ不確実である。翼鰓類では出芽による無性生殖が盛んで、腸鰓類にも出芽や再生が知られている。翼鰓類にはこれまで2科8属33種が知られ、極地方を含む全世界の潮間帯から1500メートルの深海にまで分布する。日本近海からはエノコロフサカツギのほか1種が記録されている。
 筆石類の分類学的位置はさまざまに議論されてきたが、翼鰓類のあるものと棲管の構造がよく似ていることから、現在では半索動物の一員とする見解が一般的であるが、刺胞動物説などの異論もある。古生代カンブリア紀中期から石炭紀まで生存し、とくにオルドビス、シルル両紀に大繁栄した。広く全世界に出土し、地層の対比に役だっている。日本でも近年、四国のシルル系石灰岩から発見された。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の半索動物の言及

【動物】より

…血管系と心臓があり,神経系は背側にある。体腔は半索動物と同じく,各体部に分かれている。ギボシムシなど約95種からなる〈半索動物門〉は,体が前体(吻),中体(襟),後体(腹または尾)の3部に分かれ,前体には無対の,中体と後体にはそれぞれ1対の体腔がある。…

※「半索動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

半索動物の関連キーワード節足動物軟体動物亜科亜綱亜門植物界線形動物蠕形動物動物界内田亨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone