コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊索 せきさく notochord

翻訳|notochord

6件 の用語解説(脊索の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊索
せきさく
notochord

原索動物,脊椎動物の幼生の背側にみられる原始的支持構造。発生時,外胚葉の陥入で生じる神経管に沿って中胚葉からつくられ,脳の下から尾部まで一筋に走る棒状のもので,空胞化した独特の細胞から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せき‐さく【脊索】

原索動物脊椎動物の幼生の背部にみられる支持器官。脊椎動物の多くでは成長するに従って周囲に骨質の脊柱が形成され、圧縮・退化する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脊索【せきさく】

尾索類(ナメクジウオ)や円口類(ヤツメウナギ)などの背面の神経管の下側を走る寒天質棒状の支持器官。周囲を丈夫な膜で包まれ,体の中軸として,動物の運動において重要な働きをする。
→関連項目脊椎動物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきさく【脊索 notochord】

脊椎動物および原索動物において,体の頭尾方向に走る紐状の支持器官。通常は腸管の背側,神経管(脊髄)の腹側にあり,体の中軸として動物の運動において重要な働きをおこなう。脊椎動物がこれほどまでに進化・繁栄できたのは,この脊索をもつためであるといえる。 原索動物のホヤ類では,オタマジャクシ形の幼生期にのみ存在し,ナメクジウオでは体の頭端から尾の先端まで,終生存在する。脊椎動物では,発生初期に下垂体の後面から尾まで伸びる,大きな液胞をもつ細胞からなる弾力のある組織で,周囲を繊維性の皮膜(脊索鞘)で覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきさく【脊索】

脊椎動物と原索動物の発生途中に背部にできる支持器官。神経管に沿って中胚葉から形成される。ナメクジウオや円口類では終生見られるが、魚類以上の脊椎動物では軟骨性または骨性の脊椎骨に代置され、脊索は退化する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊索
せきさく

原索動物および脊椎(せきつい)動物の胚(はい)の中軸にあって体を支える組織をいう。脊索は、ナメクジウオでは終生、ホヤでは幼生期、脊椎動物では胚の一時期、それぞれ神経管の下部にあって前後に伸び、体に力学的な強さを与える。脊索の原基となるのは、原口あるいはヘンゼン結節より陥入し、胚正中線に沿って前方へ移動した細胞群である。典型的な脊索は、液胞化した細胞群とこれを包む結合組織性の膜からなる。脊椎動物の胚では、脊索はやがて脊椎骨の一部に変わる。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脊索の言及

【骨格】より

…頭足類はこのほかにもう一つ別の軟骨性の骨格があり,頭の中にあって神経中枢を包んでいる。 脊索動物(原索動物と脊椎動物)では骨格が最もよく発達している。これに脊索,軟骨性骨格,骨性骨格の3種が区別される。…

【脊索動物】より

…脊索動物門Chordataに属する動物の総称で,胚にはつねに脊索ができるのでこの名がある。動物界の重要な1分類群で,ほとんどあらゆる環境に生息し,適応放散が著しく,形態がきわめて変化に富み,体長は尾索類の1mmからシロナガスクジラの30m以上に及ぶ。…

【脊椎】より

…椎体の形には,前後の関節面が臼状に深くくぼんだ両凹型(爬虫類の一部),前面がくぼみ後面が突出した前凹型(爬虫類の大半),この関係が前後逆の後凹型,両面ともほぼ平らな扁平型(哺乳類)など,いくつかの型がある。個体発生的にみると,すべての脊椎動物において,原索動物(ナメクジウオなど)と同様にまず体の中軸にそって棒状の脊索が現れる。ついで,これを包みこむようにして,各体節に対応した形で軟骨性の椎体が発生する。…

【発生】より

… この原条の前方域および原腸蓋は形成体organizerとよばれ,まもなくその部位では活発な形態形成運動がくり広げられる。この細胞群は胚の中では最も早く組織分化を起こし,中でもその中心をなす予定脊索部は胚体の正中線上に位置し,みずからは急速に前後に伸長して棒状の支持器官に発達しながら,上方に接する外胚葉には神経管の,また左右に接する中胚葉には体節の形成を誘導する(図4)。(1)外胚葉性器官 神経管は,脊索の伸長につれて前後に伸びながら,やがて前方は脳および眼(脊椎動物のみ)に,また後方は脊髄に分化して,中枢神経系をつくり上げる。…

※「脊索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脊索の関連キーワード血リンパ原索動物後生動物神経管新口動物発生無脊椎動物亜門動物界微胞子虫目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脊索の関連情報