コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬軟体動物 ぎなんたいどうぶつ

大辞林 第三版の解説

ぎなんたいどうぶつ【擬軟体動物】

触手動物の旧称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擬軟体動物
ぎなんたいどうぶつ

動物分類学上、海産動物の一群の名称。コケムシ類、腕足類、ホヤ類を含めて1門とする分類段階名で、1843年に提唱されたが、その後ホヤ類が除かれてホウキムシ類が加わり、さらにコケムシ類のなかから曲形動物が分離された。このような内容の変更によって提唱当時の意味が失われると同時に、軟体動物との近縁関係も否定され、この名はしだいに用いられなくなった。現在ではコケムシ類、腕足類、ホウキムシ類をあわせて触手動物門とすることが多い。[馬渡峻輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

擬軟体動物の関連キーワードミルヌ=エドワール羽根苔蘇虫飯島苔蘚虫角又苔蘚虫外肛動物薄苔蘚虫黴苔蘚虫角苔蘚虫瘤苔蘚虫旧称

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android