(読み)カク

  • ほだ・てる
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他タ下一〙
① 液体に物を入れてかきまぜる。攪拌(かくはん)する。
※洒落本・禁現大福帳(1755)序「茶碗の水に鍋炭ほだてて押付られ」
② 火などをかきたてる。
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)七「入れる側から喰ふ鍋のほだてる火」
③ ほこりなどをたてる。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉五四「小女(ちび)のは掃除するのぢゃなくて、埃をほだてて行くのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攪の関連情報