コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改善型再開発 かいぜんがたさいかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改善型再開発
かいぜんがたさいかいはつ

現状の改善に重きを置いた再開発事業の一つ。道路の拡張建築物の建て替えなどを中心に,段階的・継続的に改善や修復を積み重ねながら,地区全体の居住水準を向上させる。地区全体を一気に取り壊してさら地にし,新たなものに置き換えるスクラップ・アンド・ビルドに対置する方法といえる。大都市の住宅密集地や住工混在地といった居住環境上の問題が集積する地区においては,住民の生活の視点に立った手法による地域の特性実情に応じた環境づくりが望まれる。通常,事業が長期化するために,住民の理解と合意を得たうえでの住民参加型のものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android