コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本実彦 やまもとさねひこ

8件 の用語解説(山本実彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本実彦
やまもとさねひこ

[生]1885.1.5. 鹿児島,川内
[没]1952.7.1. 東京
大正・昭和期のジャーナリスト日本大学に学んだのち,新聞界に入り,1910年『やまと新聞ロンドン特派員,15年『東京毎日新聞』社長に就任。 19年改造社を創立して総合雑誌改造』を創刊,社会主義労働問題の記事,論文により『中央公論』とともに論壇のトップを切った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐さねひこ【山本実彦】

[1885~1952]出版事業家・政治家。鹿児島の生まれ。新聞記者を経て、総合雑誌「改造」を創刊。昭和初年「現代日本文学全集」を刊行し、円本(えんぽん)時代をつくる。衆議院議員

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山本実彦【やまもとさねひこ】

新聞雑誌経営者,政治家。鹿児島県出身。法政大学夜間部法律科卒。《やまと新聞》記者などを経て,1915年《東京毎日新聞》社長。1919年改造社を興して《改造》を創刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本実彦 やまもと-さねひこ

1885-1952 大正-昭和時代の出版人,政治家。
明治18年1月5日生まれ。山本重彦の兄。「やまと新聞」記者をへて東京毎日新聞社社長。大正8年改造社を創立,「改造」を創刊。「現代日本文学全集」を刊行し,昭和初期の円本ブームをおこす。昭和5年衆議院議員(当選2回)。戦後は協同民主党初代委員長。昭和27年7月1日死去。67歳。鹿児島県出身。日大卒。号は亀城。著作に「世界文化人巡礼」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本実彦

没年:昭和27.7.1(1952)
生年:明治18.1.5(1885)
大正昭和期の出版経営者,政治家。鹿児島県川内に生まれる。日大卒業。『やまと新聞』ロンドン特派員,『門司新報』主筆などを経て,大正4(1915)年東京毎日新聞社主に就任。8年,改造社を創立,総合雑誌『改造』を創刊。当時の民主主義運動,社会運動の波に乗って,同誌を『中央公論』とならぶ有力雑誌に育てた。また,昭和初期には大規模な予約全集企画『現代日本文学全集』を成功させ,1冊1円のいわゆる円本ブームの先駆者となった。昭和5(1930)年衆院議員に当選。戦後,再び改造社を起こしたが,病没。時流に敏感な出版経営者であった。

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとさねひこ【山本実彦】

1885‐1952(明治18‐昭和27)
出版経営者,政治家。鹿児島県川内生れ。法政大学専門部卒業後《やまと新聞》記者となり,1915年東京毎日新聞社長となる。19年改造社を創立。雑誌《改造》は勃興しつつあった社会運動・社会主義関係の特集号を組むとともに,文壇の大家・新人の創作を多数掲載して,大正末期には《中央公論》と並ぶ代表的総合雑誌に成長し,また改造社は円本発売の口火を切った。政治家としては1909年東京市会議員,30年衆議院議員(民政党)となり,戦後も第1回総選挙で当選して国民協同党委員長となるが,47年公職追放にあい,追放解除の翌年死亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまもとさねひこ【山本実彦】

1885~1952) 出版業者。鹿児島県生まれ。1919年(大正8)改造社を設立、雑誌「改造」を創刊。昭和初年「現代日本文学全集」を刊行し、円本えんぽん時代を現出。衆議院議員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本実彦
やまもとさねひこ
(1885―1952)

出版人。改造社の創業者。鹿児島県生まれ。日本大学、法政大学に学ぶ。『やまと新聞』を経て『東京毎日新聞』社長に就任(1915)。1919年(大正8)改造社を創業、総合雑誌『改造』を創刊。大正デモクラシーのなかで『中央公論』とともに声価を得る。大正末期から昭和初期にかけて『現代日本文学全集』を出版、大量生産、廉価販売が成功して1冊1円の円本ブームの契機をつくった。一方、政治にも関心をもち、1930年(昭和5)に民政党から代議士に当選。第二次世界大戦後、協同民主党(のち国民協同党)を結成して委員長となったが、1947年(昭和22)公職追放された。1951年に追放解除され、改造社社長に復帰するが翌昭和27年病死。明暗の多い生涯だったといわれる。著作に『人と自然』(1937)などがある。[清田義昭]
『栗田確也編『出版人の遺文 第二冊 改造社・山本実彦』(1968・栗田書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本実彦の言及

【円本】より

…当時東京市内を1円均一で走るタクシーを〈円タク〉といったが,これらの全集も定価1円のものが多かったところから,円本と俗称された。創始者は改造社社長山本実彦で,木村毅らに書目選定を依頼,《現代日本文学全集》として,1926年12月に第1回配本《尾崎紅葉集》を出版した。当初は全37巻別巻1冊の予定であったが,予約読者が23万人(のちに40万~50万人)にのぼったので,全62巻別巻1冊に拡大した。…

【改造】より

…大正デモクラシー運動の高揚期に改造社の山本実彦(さねひこ)によって1919年(大正8)4月創刊された総合雑誌。創刊当初は明確な編集方針をもたず発行部数3万部(定価35銭)のうち多くが返品されたが,4号から当時の社会改造思想を正面にすえた特集を組み,多くの読者をつかんだ。…

※「山本実彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本実彦の関連キーワード鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市永吉江草重忠大島秀一国領茂蔵永井作次長谷川巳之吉原耕山本重彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本実彦の関連情報