コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改革・開放政策 かいかくかいほうせいさく

世界大百科事典内の改革・開放政策の言及

【経済特区】より

…大陸は資本財の輸入代替政策は結局は高コスト経済を生むということに気づき,輸出志向型戦略をとり入れることとなった。したがって経済特区の設立は70年代までの毛沢東路線の大幅修正であり,改革・開放政策の開放の部分の象徴でもある。さらにまた,資本財輸入代替戦略にそれとは矛盾する輸出志向型発展戦略を接木したともいえよう。…

※「改革・開放政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改革・開放政策の関連情報