小平(読み)こびら

精選版 日本国語大辞典 「小平」の意味・読み・例文・類語

こ‐びら【小平】

〘名〙 (「こひら」とも)
長方形矩形(くけい)
羽子板の大きさをいう語。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「羽子板には大さによって並物(一尺二寸)小平(コヒラ)一尺三寸)〈略〉の差別あり」

こだいら こだひら【小平】

東京都中部、武蔵野台地にある地名。青梅(おうめ)街道五日市街道に沿って発展し、現在はJR武蔵野線と西武鉄道の四線が通じる。宅地学園工場進出により発達。昭和三七年(一九六二市制

こ‐びらこ【小平】

〘名〙 アジ幼魚異称。〔物類称呼(1775)〕

こだいら こだひら【小平】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「小平」の意味・読み・例文・類語

こ‐ひら【小平】

建築で、長方形のこと。
寄棟造よせむねづく民家で、側にある三角形の屋根面。

こだいら〔こだひら〕【小平】

東京都中部の市。武蔵野台地にあり、学園・住宅都市として発展。人口18.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「小平」の意味・わかりやすい解説

小平[市] (こだいら)

東京都中部の市。1962年市制。人口18万7035(2010)。都心から西へ25km,多摩地区北東部にある。小平の開発は,武蔵野の新田開発の一環として小川九郎兵衛によって明暦年間(1655-58)に始められた。青梅・五日市両街道に沿う集落は美しいケヤキ並木,防風林をめぐらした農家,道路に直角の短冊状の地割り,道路に沿った用水路など,武蔵野の新田集落の形態を代表する。明治初期までは大麦,小麦,アワなどの穀類を主とする畑作農業地帯であったが,その後養蚕が導入された。一方,市域内を西武鉄道の新宿線,国分寺線,多摩湖線,拝島線,JR武蔵野線などが通ることからしだいに東京の近郊住宅地として開け,昭和初期に東京商科大学予科(現,一橋大分校),津田英学塾(現,津田塾大)が移転してきたためさらに住宅地化が進んだ。市内にはブリヂストンタイヤ東京工場などの大工場も立地する。北部には都立小平霊園がある。
執筆者:

小平[町] (おびら)

北海道北西部,留萌支庁留萌郡の町。1956年鬼鹿(おにしか)村が小平村に編入し,66年町制。人口3717(2010)。日本海に面し,天塩山地が海にせまる。海岸部には高い海岸段丘があるが,海食崖で終わり,その下に狭い砂浜があり,国道がここを通る。1782年(天明2)松前藩の場所請負人栖原角兵衛がニシン漁場を開いた臼谷は町域の南端にあたり,港町(旧鬼鹿)と臼谷には漁港がある。港町の南2kmに1905年に建てられた小樽の網元花田家の番屋があり,ニシン漁の最盛期には250人の漁夫を収容したもので,重要文化財に指定されている。森林面積が大半を占め,過半は国有林。小平蘂(おびらしべ)川などの河谷は水田地帯となっている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android