コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度成長 こうどせいちょうhigh economic growth

3件 の用語解説(高度成長の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度成長
こうどせいちょう
high economic growth

国民総生産 GNPの成長する速度がきわめて速い状態をいう。第2次世界大戦後の日本経済の急成長はその典型的な例である。 1952~72年度にわたる 20年間の日本の実質 GNP年平均成長率は 9.4%で,世界経済あるいは先進工業国の平均成長率の5%程度に比べても,さらには戦前の日本経済の約4%と対比しても,きわだった高度成長であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうどせいちょう【高度成長】

経済規模の急激で継続的な拡大。特に1950年代半ばから73年の石油ショックまでの間、日本の経済成長率が年平均10パーセントを超えていたことをいう。高度経済成長。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

高度成長の関連キーワードGNP比1%枠NNW国内総生産GDPGNPギャップグリーンGNP国民総生産GNP/GDPGNP 弾性値建設業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高度成長の関連情報