コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度成長 こうどせいちょうhigh economic growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度成長
こうどせいちょう
high economic growth

国民総生産 GNPの成長する速度がきわめて速い状態をいう。第2次世界大戦後の日本経済の急成長はその典型的な例である。 1952~72年度にわたる 20年間の日本の実質 GNP年平均成長率は 9.4%で,世界経済あるいは先進工業国の平均成長率の5%程度に比べても,さらには戦前の日本経済の約4%と対比しても,きわだった高度成長であった。この原因としては経済民主化の進展に伴う国内市場の拡大,財政支出に占める軍事費の低下,先進工業国水準の達成を目指した技術革新と消費様式の変化,戦前の遺産としての経済の二重構造がもたらした低廉で豊富な労働力,高い教育水準,高い貯蓄率と資本蓄積を促進する諸制度など,さまざまな事情をあげることができる。しかしこうした日本の高度成長も 73年末の石油危機を転機として終ったというのが通説となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうど‐せいちょう〔カウドセイチヤウ〕【高度成長】

急激な経済成長。特に、昭和30年代から第一次石油危機が起こった昭和48年(1973)にかけての日本経済をいう。高度経済成長。「高度成長政策」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうどせいちょう【高度成長】

経済規模の急激で継続的な拡大。特に1950年代半ばから73年の石油ショックまでの間、日本の経済成長率が年平均10パーセントを超えていたことをいう。高度経済成長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高度成長の関連キーワードアントニオ・デルフィン ネット韓国の歴史教科書の国定化閉鎖が進んだ企業の保養所インドの産業大動脈構想レギュラシオン理論藤和不動産[株]高円寺純情商店街国民所得倍増計画リンギリンギット光洋精工[株]名古屋南部公害住宅建設計画法日清製油[株]東京製鐵[株]新・三種の神器エックスせだい巨人大鵬卵焼きダイエー[株]佃島ふたり書房日本精工[株]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高度成長の関連情報