コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放光 ホウコウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐こう〔ハウクワウ〕【放光】

[名](スル)
光をはなつこと。
仏がからだや白毫(びゃくごう)から光をはなつこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の放光の言及

【光背】より

…仏像仏画に表現されるのは色身相としての光明である。この身光にまた2種あり,一つは常光,一つは放光といい,常光は仏身につねに存在する光明,放光は仏の神通威神の力により必要によって随時放たれる光明という。これら仏の光明は仏身の頭頂から足下にいたる仏の全身から発せられ,一つ一つの毛穴からも光明が出ると説かれるが,わけても眉間の白毫(びやくごう)や胸卍(むねまんじ)相から出る光明は,頭光や身光の光心とされる。…

※「放光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放光の関連キーワード奈良県北葛城郡王寺町本町山梨県甲州市塩山藤木山上碑及び古墳片岡(奈良県)六地蔵(仏教)山梨県甲州市山王廃寺跡山ノ上碑池辺氷田上野三碑黒売刀自単誉称瑞山王廃寺伊藤令恭修禅寺神光院朱士行塩山曙光弁聡