コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白毫 びゃくごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白毫
びゃくごう

釈迦の三十二相 (→三十二相八十種好 ) の一つ。眉間の中央にあって光明を放つという右巻きの白い毛のこと。仏像では標識として水晶の玉などを用いて表わす。絵画では白から数条の光明が放射状に描かれることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

びゃく‐ごう〔‐ガウ〕【白×毫】

白い巻き毛。→白毫相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白毫【びゃくごう】

仏の眉間(みけん)にある右巻きの白い旋毛で,光を放つという。彫刻では,眉間におもに水晶玉を入れて表現。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びゃくごう【白毫】

仏の眉間みけんにあるという白い巻き毛。仏像では玉を嵌入してこれを表す。眉間白毫相として仏の三十二相の一つに数えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白毫
びゃくごう

仏陀(ぶっだ)の三十二相の一つ。経典には仏陀の身体上の優れた特色を示す三十二相が記されているが、白毫もその一つで、眉間(みけん)にある右回りに縮れたごく細い白毛で、これが光明を放って三千世界を照らすとされている。如来(にょらい)に限らず菩薩(ぼさつ)も白毫を備えており、初期の仏陀像にすでに小さい円形が眉間に浮彫りされている。彫像制作の場合、眉間に穴をうがち、白い顔料を塗った上から水晶などの貴石をはめ込んでおり、小像の場合は白く塗った木片や真珠の粒をはめ込むこともある。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白毫の関連キーワード兵庫県丹波市市島町白毫寺奈良県奈良市白毫寺町パイソー(百色)地区大和青垣国定公園康円・康縁・幸縁眉間白毫相市島[町]了眠衍月眉間の光銀針白毫中川和堂浅野西湖隠巌衍真白毫銀針白毫寺春日氏高円山中国茶荘厳具張瑞図

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android