放射状繊維状模様(読み)ほうしゃじょうせんいじょうもよう(英語表記)radial-fibrous fabric

岩石学辞典の解説

放射状繊維状模様

石灰岩の空隙を埋める結晶の性質および形状から膠結作用の行われた環境が推測される.堆積物と水の接触面の空隙にある海水からはアラゴナイトまたは高マグネシウムを含む方解石が膠結物質として沈澱する.どちらも長さと幅の比率の高い微小結晶となり,これらの結晶は表面に直角方向に配列して形成され,その曲面が放射状繊維状模様を作る[Adams, et al. : 1984].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android