放射線治療装置(読み)ほうしゃせんちりょうそうち

家庭医学館の解説

ほうしゃせんちりょうそうち【放射線治療装置】

 からだの外から放射線を照射する、外部照射(遠隔照射)を行なうための装置には、つぎのようなものがあります。
 シミュレータ 放射線治療を始める前に、照射位置や照射範囲を決めるために用いられるX線撮影装置です。
 治療時とまったく同じ体位、方向から、わずかな放射線を当てて、がん病巣を正しく照射するための位置決めを行ないます。これがすむと、患者さんの皮膚に直接マークをつけます。このマークは、治療終了まで消してはいけないとてもたいせつなものです。
 コバルト60遠隔治療装置 ガンマ線を発生する装置で、テレコバルト装置ともいいます。
 10年ほど前までは、放射線治療の代表的な装置でしたが、現在はあまり使われていません。
 ライナック(直線加速器) 現在の放射線治療の主流を占めている装置で、リニアックともいいます。高エネルギーのX線を発生する装置の代表で、いろいろな角度から照射することができます。コンピュータ制御によるきわめて精密なものなので、がん病巣に確実に照射でき、副作用も軽くてすみます。
 ガンマナイフ 脳の疾患だけに使用される特別な装置です。201個のコバルトからガンマ線を発生させ、一点に集中して多量の放射線をかけるのが特徴です。患部だけを正確に直撃でき、周囲の正常細胞にはほとんど影響を与えないため、副作用がおきないという利点があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android