コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政党支持の自由 せいとうしじのじゆう

世界大百科事典 第2版の解説

せいとうしじのじゆう【政党支持の自由】

労働組合が組織として特定政党を支持する行為や活動を行わず,構成員たる組合員個々人が,所属労働組合による統制を受けることなく,自由に政党支持活動を行うことが可能なこと。日本では現在,総評系の多くの組合が社会党支持の方針を明確化し,同盟系の多くの組合が民社党支持の方針を明確化しており,他方,共産党と総評・同盟系の組合の一部は,政党支持の自由を主張している。政党支持の自由がとくに問題となるのは,特定政党支持方針を堅持している組合において,これに反する行為や活動を組合員個々人が行った場合,それを組織統制処分の対象とすることがあるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政党支持の自由の関連キーワード全日本産業別労働組合会議全国部落解放運動連合会村上行示

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android