コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政党支持の自由 せいとうしじのじゆう

1件 の用語解説(政党支持の自由の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいとうしじのじゆう【政党支持の自由】

労働組合が組織として特定政党を支持する行為や活動を行わず,構成員たる組合員個々人が,所属労働組合による統制を受けることなく,自由に政党支持活動を行うことが可能なこと。日本では現在,総評系の多くの組合が社会党支持の方針を明確化し,同盟系の多くの組合が民社党支持の方針を明確化しており,他方,共産党と総評・同盟系の組合の一部は,政党支持の自由を主張している。政党支持の自由がとくに問題となるのは,特定政党支持方針を堅持している組合において,これに反する行為や活動を組合員個々人が行った場合,それを組織統制処分の対象とすることがあるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

政党支持の自由の関連キーワード国際労働組合連盟新産別全逓労働組合期成会赤色組合未組織労働者WFTUWTUC日本郵政グループ労働組合労働団体

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone