コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政策変更コスト セイサクヘンコウコスト

1件 の用語解説(政策変更コストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいさくへんこう‐コスト〔セイサクヘンカウ‐〕【政策変更コスト】

現行の政策と異なる方針を選択した場合に必要となる経費。原子力委員会が、原子力政策大綱の策定に際して使用済み核燃料を全量再処理する方針を継続する根拠の一つとして示した考え方。再処理よりも地層処分する直接処分のほうがコストは抑えられるが、政策を転換すれば過去の投資が無駄になり、地域との信頼関係が崩れるといった損失があるとした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政策変更コストの関連情報