地層処分(読み)ちそうしょぶん(英語表記)geologic disposal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地層処分
ちそうしょぶん
geologic disposal

再処理工場から発生する高レベルの放射性廃棄物地下深い安定な地層中に埋設する処分法。処分場所には粘土質層や花崗岩などの結晶質岩層,岩塩層が考えられている。高レベル放射性廃液ガラス固化処理したホウケイ酸ガラス固化体を 30~50年間貯蔵したのち,地層処分を行なうための試験研究が,日本原子力研究開発機構を中心に進められている。廃棄物は地下数百mの深地層に処分され,地層の天然バリアと固化体の埋め戻し材などの工学バリアを組み合わせて,生活圏から隔離されることになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地層処分の関連情報