コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地層処分 ちそうしょぶんgeologic disposal

2件 の用語解説(地層処分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地層処分
ちそうしょぶん
geologic disposal

再処理工場から発生する高レベル放射性廃棄物を地下深い安定な地層中に埋設する処分法。処分場所には粘土質層や花崗岩などの結晶質岩層,岩塩層が考えられている。高レベル放射性廃液ガラス固化処理したホウケイ酸ガラス固化体を 30~50年間貯蔵したのち,地層処分を行なうための試験研究が,日本原子力研究開発機構を中心に進められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちそう‐しょぶん【地層処分】

核燃料再処理の過程で生じる高レベル放射性廃棄物ガラス固化体して、地下数百メートルから千メートルという深部に長期間保管すること。日本では技術的研究が進められているが、最終的な処分場は未決定。深地層処分

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地層処分の関連情報