コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故宮博物院 こきゅうはくぶついんGu-gong bo-wu-yuan

7件 の用語解説(故宮博物院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

故宮博物院
こきゅうはくぶついん
Gu-gong bo-wu-yuan

中国,北京の紫禁城内にある博物館。 1914年に紫禁城および瀋陽・熱河の両行宮に所蔵されていた宝物類を展示する古物陳列所が設立され,25年に故宮博物院として開館した。第2次世界大戦中に一部を遺失し,戦後十数万点の物品は台湾へ持出されて台北の故宮博物院に展示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こきゅう‐はくぶついん〔‐ハクブツヰン〕【故宮博物院】

中国北京(ペキン)にある博物館。時代の紫禁城(故宮)の建物に、数十万点の古書・美術工芸品・考古出土品などを収蔵している。1925年設立。1949年に所蔵品の一部は台湾へ移送され、台北(タイペイ)にも同名の博物館が設立された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

故宮博物院【こきゅうはくぶついん】

中国の博物館。現在は北京と台北に同名のものがある。起源は同じ。1924年10月馮玉祥の軍が北京に入城した時,宣統廃帝は紫禁城(故宮)後宮より脱出,政府は清室善後委員会を組織してその所蔵の書籍,書画,陶磁,玉,金銀工芸品,服飾,染織など数十万点を調査・分類して1925年10月より一般に公開した。
→関連項目台北天安門北京

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産情報の解説

故宮博物院

中国の北京市にある、世界最大で最も完全な姿で保存されている帝王の宮殿。明・清の二王朝に渡り帝王の起居として、また政を執り行う国の中心としての役割を果たしてきました。紫禁城とも呼ばれ、建造は明時代1406年から14年の歳月を要したといわれています。1925年から一般公開がゆるされ、故宮博物院へと改称。現在は100万余点もの貴重な文物が展示される博物館に。世界でも稀なほど膨大な収蔵品で知られ、1987年には世界文化遺産にも指定されています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
世界遺産情報について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅうはくぶついん【故宮博物院 Gù gōng bó wù yuàn】

北京にある博物館。1911年の辛亥革命によって清朝が倒れたのち,故宮の内廷は宣統廃帝溥儀(ふぎ)の居所となり,外朝には14年に古物陳列所が置かれた。24年馮玉祥(ふうぎよくしよう)が北京に入城し,身の危険を感じた溥儀が脱出したので,民国政府は清室善後委員会を組織して内廷を管理し,25年10月11日故宮博物院として一般に公開した。古物陳列所は,第2次大戦後に故宮博物院に併合された。この間多数の文物が流出し,有名な〈故宮宝盗事件〉も起こっているが真相はわからない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こきゅうはくぶついん【故宮博物院】

北京の紫禁城(故宮)の遺構を利用して1925年に設立された美術館。古書・絵画・工芸品などを多数収蔵。
1949年にから運び込まれた絵画・工芸・古書などを展示するため65年に設立された台北の美術館。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

故宮博物院
こきゅうはくぶついん

中国の代表的美術館。今日、同名のものが北京(ペキン)と台北(たいほく/タイペイ)にあるが、もとは一つで、1925年10月10日、北京の故宮、紫禁城(しきんじょう)の後半部に設けられたのに始まる。清(しん)の皇帝や皇后の住居であったところで故宮の名はこれによる。絵画、書籍、陶磁器、玉器(ぎょくき)、金銀器、漆器、染織、服飾、文房具、家具、祭器など数十万点があった。故宮所蔵の文物はいわば中国民族の精神の結晶ともいうべきもので、明(みん)・清代に集められた。青銅器や玉器などのように古いものは殷(いん)・周(しゅう)の昔にまでさかのぼる。また瀋陽(しんよう)の故宮、熱河の行宮(こうきゅう)に所蔵されていた宝物は、紫禁城前半部にある文華殿、武英殿に移され、これに中央の太和殿、中和殿、保和殿の三大殿を加えて、古物陳列所として一般に公開した。
 1931年満州事変が起こり、戦火が北京に波及することを察した国民政府は、これらの重要美術品や書籍を約2万個に分けて梱包(こんぽう)し、まず上海(シャンハイ)に発送、ついで南京(ナンキン)に移したが、37年に戦争が南に広がったため、これをさらに四川(しせん/スーチョワン)省、貴州(きしゅう/コイチョウ)省など中国の奥地に疎開した。45年8月、戦争の終結によって、これらの文物はふたたび南京に戻されたが、やがて国共内戦の激化につれて、49年に数万点の宝物が台湾に運ばれ、65年11月、台北市に故宮博物院が成立し、所蔵品の一部を展示することとなった。所蔵品中の圧巻は多数の名画であって、范寛(はんかん)の『谿山(けいざん)行旅図』、趙孟(ちょうもうふ)の『鵲華(じゃくか)秋色図巻』、黄公望(こうこうぼう)の『富春山居図巻』、沈周(ちんしゅう)の『夜坐図』などがある。
 一方、北京の故宮博物院も1949年、人民政府の樹立以来、遺留された宝物のほかに新収のものを加えて規模も拡大している。明清工芸館、珍宝館、絵画館、陶瓷(とうじ)館、青銅器館に分かれており、また宮殿や門楼の一部を公開して特別展などが行われている。北京の収蔵品では、展子虔(てんしけん)の『遊春図』、張擇端(ちょうたくたん)の『清明上河図巻(せいめいじょうかずかん)』などが著名である。[吉村 怜]
『樋口隆康編『世界の博物館21 故宮博物院』(1978・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の故宮博物院の言及

【博物館】より

…清朝の乾隆帝(1736‐95)は多くの絵画,書蹟,陶磁器,染織品,工芸品を収集している。近代的博物館が生まれるのは辛亥革命(1911)によって清朝が倒れてからで,1914年,北京に古物陳列所が設けられ,25年には故宮博物院が公開された。国共両軍による内戦の最中,国民政府は48年多くの宝物を台湾に運び出した。…

※「故宮博物院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

故宮博物院の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

故宮博物院の関連情報