コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会ソナタ きょうかいソナタsonata da chièsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会ソナタ
きょうかいソナタ
sonata da chièsa

室内ソナタと並ぶバロック時代の重要なソナタの形式。初期カンツォーナから発展し,17世紀後半 G.トレリや A.コレリらによって確立された。テンポや拍子を異にした4つの楽章から成る (通常,アダージョ-アレグロ-アダージョ-アレグロ) 。その名のとおり,最初は教会で用いられ,室内ソナタに比べてポリフォニックな書法と荘重な表現を特徴とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかいソナタ【教会ソナタ】

バロック時代の器楽曲の一形態。元来は教会で演奏するための器楽曲をさす。舞曲のリズムによらず緩急緩急の対比からなる四楽章構成という形をコレルリが定型化。ソナタ-ダ-キエザ。 → 室内ソナタ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教会ソナタの言及

【ソナタ】より

…これは,教会,宮廷,劇場という当時の音楽における三つの主要機能もしくは様式のうち,おもに教会と宮廷のために書かれた。この二つの機能に対応して〈教会ソナタ〉(ソナタ・ダ・キエザsonata da chiesa)と〈室内ソナタ〉(ソナタ・ダ・カメラsonata da camera)の二つの型が成立した。これらの名称はメールラTarquinio Merula(1594か95‐1665)の作品12の曲集《カンツォーナ,または教会および室内のためのソナタ・コンチェルタータ》(出版1637)に始まるが,それぞれやがてある特定の楽章構成と様式をもったソナタを指すにいたる。…

【バロック音楽】より

… 器楽形式のうちとくに重要なのは,いわゆる〈バロック・ソナタ〉の形式である(ソナタ)。これには,舞曲の組形式を基本とする〈室内ソナタ〉と,よりポリフォニックな色彩が強く重厚な気分をもつ〈教会ソナタ〉の二つの系列があった(コレリ)。バロック的な音楽表現の申し子ともいうべきコンチェルトは,声と楽器をダイナミックにかけあわせる教会コンチェルト(ビアダーナLodovico da Viadana(1564‐1627),G.ガブリエリ)の形式を母体とし,次いでソロ楽器群とオーケストラとをダイナミックに対比させる合奏協奏曲(コレリ)の形態を経て,18世紀初頭には急・緩・急の3楽章からなる近代的な独奏協奏曲の形式を確立した(ビバルディ)。…

※「教会ソナタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教会ソナタの関連キーワード教会コンチェルトトリオ・ソナタトリオ・ソナタソナタダキエザジェミニアーニイタリア音楽ロカテリ器楽曲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android