コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教団選挙 きょうだんせんきょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教団選挙
きょうだんせんきょ

教団体,とりわけ新宗教の各教団が信者を動員して選挙に関与すること。戦後日本の宗教シーンをリードしてきた新宗教は,政治に対しても数百万の組織票をバックに政教分離の問題や諸政党との関係をめぐってさまざまな行動を起こしてきた。選挙については現在,教団をあげて教団がつくった政党の選挙を支える,教団が特定政党の外郭団体をつくる,単一の教団ないし連合組織が独自の政治部門や政治団体を持ち一定の基準で推薦した候補を応援する,選挙にはかかわらないなど,その対応は一様ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android