コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教団体 シュウキョウダンタイ

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうだんたい【宗教団体】

特定の宗教の教義宣布・儀式執行・信者教化を目的とし、そのための施設を備えた団体。神社・寺院・教会や、教派・宗派・教団など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宗教団体の言及

【宗教団体法】より

…宗教法規の整備統一を図り,宗教団体の地位を明確とし,保護・監督を強化することで,国家の統制下に宗教団体を置くことを目的に1939年(昭和14)4月8日に公布され,翌40年4月1日から施行された法律。 宗教に関する規定は,大日本帝国憲法第28条で〈日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス〉と限定つきで〈信教自由〉を認めているものの,〈宗教法〉のごとき宗教全般にかかわる法律が制定されていなかった。…

※「宗教団体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宗教団体の関連キーワードプラールタナー・サマージ日本国憲法の政教分離規定ジョン・N. フィッギスマリエンシュベスターブラフマサマージ黙示録殺人事件日本基督教団オウム真理教レイティングオプス・デイ宗教法人法神道十三派信教の自由憲法20条宗教団体法集票マシン政教分離教派神道団体献金公安警察

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教団体の関連情報