組織票(読み)そしきひょう(英語表記)organized block votes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「組織票」の解説

組織票
そしきひょう
organized block votes

選挙の際,ある特定候補者の集票能力を高めるために,その候補に投票するように組織ごとにまとめられた。日本では伝統的に,自民党の候補者は後援会を持ち,後援会が地元 (選挙区内) の消防団青年団婦人会などを組織ごとにまとめて各々の組織のメンバーほぼ全員の票を集める戦術をとってきた。 1970年代に出現した「企業ぐるみ選挙」も組織票づくりの一形態である。それはある企業の上層部がある特定の候補の支持を決めると,従業員全員にその候補への投票を促したり,ときには強要する形をとって,組織票づくりをするものであるが,近年批判の対象になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「組織票」の解説

そしき‐ひょう ‥ヘウ【組織票】

〘名〙 選挙で、労働組合、宗教団体、業界団体などが、まとまって一定の候補者に投ずる票。
検事霧島三郎(1964)〈高木彬光〉一五「どういう組織のものでも、組織票となるとありがたいのですから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android