コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教護 キョウゴ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ご〔ケウ‐〕【教護】

[名](スル)非行少年などを、教育し保護すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうご【教護】

( 名 ) スル
非行少年を保護し教育すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教護の言及

【教護院】より

…この施設は不良行為をなし,または,なすおそれのある児童(18歳未満)および家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ,または保護者の下から通わせて,個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い,その自立を支援することを目的とする(同法44条)。従来の教護院の対象(〈不良行為をなし,または,なすおそれのある児童〉に限定)と機能(従来は〈入所〉のみ)を拡充したものである。教護院は感化院,少年教護院の後身で,全国に57施設あり,内訳は,国立2施設(武蔵野学院,きぬ川学院),私立2施設(北海道家庭学校,横浜家庭学園),他は公立である(1996)。…

※「教護」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

教護の関連キーワードシャロン(Pierre Charron)ユスチノス[殉教者]国立児童自立支援施設児童自立支援事業デーブ ペルザー児童自立支援施設アリステイデスクアドラトゥス安田 理貴子アルノビウスユスティノス児童福祉施設タティアノス有馬四郎助児童福祉法タチアノス武蔵野学院少年教護院高田 慎吾小池 九一

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android