コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱振幅の式 scattering amplitude

1件 の用語解説(散乱振幅の式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

散乱振幅の式【scattering amplitude】

量子力学で散乱の問題を扱うときに,散乱波を表す球面波の振幅を示す式.波数 kz 方向に進む入射粒子が原点に中心をもつポテンシャルで散乱されるときの全体の波動関数

のようになる.この f(θ,φ)を散乱振幅という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散乱振幅の式の関連キーワードクーロン散乱ミー散乱光散乱コンプトン‐ラマン散乱トムソンの公式(散乱強度)ハイゼンベルク‐パウリの方法バーバ散乱ブリルアン散乱メラー散乱ラマン散乱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone