コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦康親王 あつやすしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敦康親王 あつやすしんのう

999-1019* 平安時代中期,一条天皇の第1皇子。
長保元年11月7日生まれ。母は藤原定子(ていし)。長保2年親王となる。大宰帥(だざいのそち),式部卿。一品(いっぽん)。寛仁(かんにん)2年12月17日死去。20歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

敦康親王

没年:寛仁2.12.17(1019.1.25)
生年:長保1.11.7(999.12.17)
平安中期の皇族。一条天皇の第1皇子で母は皇后定子(関白藤原道隆の娘)。生まれたとき後見となるべき祖父道隆はすでに世になく,翌年,親王宣下を受けたが同年母とも死別,皇位への望みは断たれた。事実一条,三条両天皇の譲位に際して東宮にもなれなかった。幼時,母の妹御匣殿に養われ,のち中宮彰子(藤原道長の娘)の世話を受けた。12歳で元服し三品に叙せられ,翌寛弘8(1011)年,天皇死去の直前に一品准三宮となった。才智,心情ともにすぐれ,21歳で病死する前の数年間,まるで婿のように摂政藤原頼通と同居し親密な間柄だったという。妻は具平親王の娘。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

敦康親王の関連キーワードグレゴリウス5世ヤロスラフヤロスラフ1世(賢公)藤原道長敦康親王紫式部星野鉄郎タケカワユキヒデ熊本麻美松尾佳子