コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きり

義太夫節浄瑠璃各段のなかで最も重要な,山場をなす部分。切場ともいう。初期には詰またはとも表記した。3段目,4段目の切は特に重い場とされ,紋下など最上位の太夫が語る。切場を語る資格のある太夫を切語りと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい【切】[漢字項目]

せつ

せち【切】

[形動ナリ]
深く心に感じるさま。痛切だ。
「物の興―なるほどに、御前に皆御琴ども参れり」〈・藤裏葉〉
非常に大切だ。重大だ。
「忍びてものし給へ。―なること聞えむ」〈宇津保・国譲下〉
心をこめてするさま。熱心だ。
「商人の一銭を惜しむ心―なり」〈徒然・一〇八〉
(「せちに」の形で副詞的に用いて)心に深く思いこむさま。ひたすら。極力。いちずに。どうしても。
「女、家を見せじと思ひて―に怨じけり」〈平中・二五〉

せつ【切】

[形動][文][ナリ]
心をこめてするさま。ねんごろ。せち。「平和へのなる願い」「に健闘を祈る」
身にしみて強く感じるさま。せち。
「またなによりも―なりしは、大雪降って寒かりしに、秘蔵せし鉢の木を切り、火に焚きあてし志」〈謡・鉢木
さしせまった事情にあるさま。非常に厳しいさま。せち。
「さなきだに傾城は内しょ―なるものなるに」〈洒・契情買虎之巻

せつ【切】[漢字項目]

[音]セツ(漢) サイ(呉) [訓]きる きれる
学習漢字]2年
〈セツ〉
刃物などで切る。「切開切除切断切腹切磋琢磨(せっさたくま)
こすり合わせる。「切歯
ぴったりする。「剴切(がいせつ)適切
さし迫る。身に迫って感じる。しきりに。「切実切切切迫切望懇切親切大切痛切
漢字音の表記法の一。「反切
〈サイ〉すべて。「一切合切(がっさい)
[難読]切符(きっぷ)切支丹(キリシタン)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せち【切】

( 形動ナリ )
心に強く感ずるさま。身にしみるさま。痛切。 「物の興-なる程に、御前に皆琴ども参れり/源氏 藤裏葉
一生懸命事を行うさま。熱心。 「 -なりし宣旨の恐しさに/宇津保 俊蔭
物事のさし迫っているさま。緊要。 「 -なること申さむといふ/宇津保 忠こそ
(「せちに」の形で)
きわめて。特に。 「物のいと-にいぶせき折々は/源氏 明石
どうしても。是非とも。 「かしこにいと-に見るべき事の侍るを/源氏 若紫

せつ【切】

( 形動 ) [文] ナリ 
思いがひたすらで強いさま。せち。 「 -なる願い」 「成功を祈ること-である」 → 切に
感にうたれるさま。身にしみて強く感ずるさま。
切迫せつぱくしているさま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【切見世】より

…1軒1妓を原則とし,抱主は数軒を管理営業した。切(きり)とは時間売りの意で,一切(ひときり)100文が相場であった。この揚代は上級妓のそれの10分の1というものであったが,一切の時間の短いこともあって,その数倍を支払わさせることが多かったようである。…

※「切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

切の関連キーワード三重県志摩市志摩町御座デバリュエーションリバリュエーション太白堂桃隣(2代)八重作り・八重造り千葉県松戸市下矢切シンコペーションカットオフ低気圧東京都板橋区本町デールマン効果オンオフ動作鞍馬の竹伐り細金・截金尻切り草履歯を切する歌書羽織切店女郎切斑の矢切妻破風すっぽん

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切の関連情報