コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬長 けいちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敬長 けいちょう

1779-1836 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の敬光(けいこう)に師事し,その跡をついで法明院住持をつとめる。法華(ほっけ),円頓戒(えんどんかい)などもまなび,天台教学の復興につくした。天保(てんぽう)7年2月7日死去。58歳。出雲(いずも)(島根県)出身。俗姓は金山。字(あざな)は智遠。号は越渓。著作に「慈恵大師斎忌礼讃文」「顕道和上行業記」など。

敬長 きょうちょう

けいちょう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

敬長の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)後桃園天皇後桃園天皇カージャール朝浦上玉堂ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内インゲンホウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敬長の関連情報