コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬光 けいこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敬光 けいこう

1740-1795 江戸時代中期-後期の僧。
元文5年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の敬雅に師事。他宗派の教義から儒学まで修学。「円戒指掌」「山家正統学則」などおおくの著作をあらわした。小乗律兼学をとなえる安楽律派に反対し,伝統天台の再興につとめた。晩年は園城寺法明院住職。寛政7年8月22日死去。56歳。山城(京都府)出身。俗姓は伊佐。字(あざな)は顕道。号は藕峰,恋西子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

敬光の関連キーワードマリア・テレジア市川団蔵市川鶴鳴神道無念流ハイドン(年譜)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敬光の関連情報