コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円頓戒 えんどんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円頓戒
えんどんかい

天台宗で奉じる大乗戒。古くは円戒。『法華経』の精神により,『梵網経』などから採用した戒。最澄により大成,実行された。この戒を授ける場所 (一乗戒壇) の開設が日本天台宗の樹立となった。しかし,この戒壇設立は,伝統的な二百五十戒 (部派仏教の戒律) を捨て比叡山が南都の支配から独立することを意味したため,南都僧綱の拒絶にあって最澄生存中に戒壇設立の勅許は得られなかった。寂後7日にして,弘仁 13 (822) 年6月に設立の勅許がおりた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

円頓戒【えんどんかい】

古くは円戒。天台宗で行われる大乗菩薩(ぼさつ)の守る戒。法華によって組織された天台円教の理念と〈梵(ぼん)網経〉などによる菩薩戒(三聚(さんじゅ)浄戒)との結合によって立てられた戒で,これを受けるとき,すでに成仏が約束され,これを犯すことがあっても,受けることによって得た止悪修善の原動力である戒体は失われないなどと説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

えんどんかい【円頓戒】

最澄の唱えた梵網経に基づく、天台宗の戒。円戒。大戒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円頓戒
えんどんかい

仏教用語。円戒ともいった。円頓とは円満頓速(とんそく)の意で、この戒を受け、護持することによって完全円満な人格形成が速やかに成就するとして表現された語。最澄(さいちょう)が天台宗を独立するにあたって小乗戒を捨て、『梵網経(ぼんもうきょう)』による十重四十八軽の大乗戒を受けて比丘(びく)を称することができるとした円戒がその始まりで、天台宗や浄土宗などで依用されている戒法である。[石田瑞麿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円頓戒の関連情報