コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数字と記数法 すうじときすうほうfigure and numeration system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数字と記数法
すうじときすうほう
figure and numeration system

数を記録,保存,伝達するために,空間的形象を用いて表現された記号を数字という。現在広く用いられている0,1,2,3,4,5,6,7,8,9はアラビア数字である。この数字は,もともとインドで考案され,それがアラビアに入り,9~10世紀頃にさらにアラビアからヨーロッパに伝わったので,インド数字ともいわれる。古くは,楔形文字,象形文字,ギリシア文字,ローマ数字などがあった。ローマ数字は現在でも用いられている。記数法とは,数を数字で表わす表わし方のことで,現在広く用いられている方法は,十進法による記数法である。古くは,それぞれの数に,別の数字をあてていたが,その不便さを克服するために,位の原理が発見され,現在ではどのように大きな数字でも表わせるようになった。二進法,八進法,十進法,十二進法,六十進法などは,すべて位の原理による位取り記数法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android