コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文作 モンサク

デジタル大辞泉の解説

もん‐さく【文作】

酒席などで即席におかしみのある文句を作ること。また、その文句。
「さまざまの―尽くし」〈浮・禁短気・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんさく【文作】

即席におかしみのある文句を作ること。また、その文句。 「後は大道に出て-、いづれか腰をよらざるはなし/浮世草子・一代男 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文作の関連キーワードマリー・ド・ラビュタン‐シャンタル セヴィニェ(侯爵夫人)ライン・テイ・カウン・ティンストラティス ミリヴィリスシステムソフトエディタ桜山四郎三郎(2代)桐竹 亀松(4代目)L. ヴィルモランA. イラーセク桂 文我(初代)桐竹亀松(4代)イレムニツキー西洋道中膝栗毛京鹿子娘道成寺高島 弥五郎ゴンクール賞森田太郎兵衛リュイブラスピリニャークイソクラテスブラウネル

文作の関連情報