コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化決定論 ぶんかけっていろんcultural determinism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化決定論
ぶんかけっていろん
cultural determinism

個人のパーソナリティや行動様式が生物学的にではなく,その所属する文化によってほぼ全面的に決定されるととらえる立場。社会学では,É.デュルケムもしくはデュルケム学派によって提唱された学説であり,社会的事実を外在性,特に拘束性の標識によってとらえ,これを他の社会的事実,すなわち社会的基体で説明する立場をとった。文化人類学では,A.L.クローバーが,文化は個人をこえたある自立的存在であり,個人は文化の前では無力であると説いた。 L.ホワイトもシンボルの体系としての文化は外在的存在であり,個人に還元されないものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

文化決定論の関連キーワードリーダーシップ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android