コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文益漸 ぶんえきぜんMun Ik‐chŏm

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんえきぜん【文益漸 Mun Ik‐chŏm】

1329‐98
朝鮮,高麗末の文臣。朝鮮への木綿の移入者。字は日新。号は三憂堂。江城県(現在の慶尚南道山清郡)の人。1363年元に使節随員として派遣された彼は,帰国の際に木綿の種子を持ち帰り,郷里で舅の鄭天益とともに栽培し,糸車糸繰り織布の技術や用具も学んで,しだいに苧布や麻布にかわって綿布を広く普及させていった。その功により召されて再度中央に出仕したが,辛昌のとき,田制改革に反対の権勢家におもねたことから罷免された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文益漸の関連キーワード元徳竺仙梵僊エックハルト懐良親王嘉暦経世大典元徳玄翁心昭細川頼之三峰山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android