斎つ(読み)ユツ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐つ【斎つ】

[連語]名詞の上に付いて、神聖な、清浄なの意を表す。「斎つ桂」「斎つ爪櫛(つまぐし)」
「河上(かはのへ)の―岩群(いはむら)に草生(む)さず常にもがもな常娘子(とこをとめ)にて」〈・二二〉
[補説]一説に「いほつ(五百箇)」の音変化で、数の多い意とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆつ【斎つ】

( 連語 )
〔「ゆ(斎)」に格助詞「つ」の付いたもの〕
名詞の上に付いて、神聖な、清浄なの意を表す。「―磐群いわむら」「―爪櫛つまぐし」など。 「 -いはむらに走り就きて/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐つ【斎つ】

連語〙 (「ゆ()」に上代の格助詞「つ」の付いたもの) 名詞の上に付いて、神聖な、清浄な、の意を表わす。「ゆつ磐群」「ゆつ爪櫛」など。
[補注]「古事記」に「湯津石村(ゆついはむら)」とある部分が「日本書紀」には「五百箇磐石」と表記されていることなどから、「ゆつ」は「いほつ(五百箇)」の変化したもので数の多いの意とする説もあるが、「五百箇」の表記は「日本書紀」編者の語源解釈であろう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎つの関連情報