斎田要七(読み)さいだ ようしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎田要七 さいだ-ようしち

1842-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。斎田正一の養子となる。文久3年脱藩し,周防(すおう)(山口県)三田尻三条実美(さねとみ)ら七卿を警護元治(げんじ)元年禁門の変に敗れ,帰藩したが捕らえられ,慶応2年7月9日処刑された。25歳。本姓は平山。名は尚義。変名は小山田三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android