コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎田要七 さいだ ようしち

1件 の用語解説(斎田要七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎田要七 さいだ-ようしち

1842-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。斎田正一の養子となる。文久3年脱藩し,周防(すおう)(山口県)三田尻三条実美(さねとみ)ら七卿を警護。元治(げんじ)元年禁門の変に敗れ,帰藩したが捕らえられ,慶応2年7月9日処刑された。25歳。本姓は平山。名は尚義。変名は小山田三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎田要七の関連キーワード阿川四郎阿部宗兵衛安藤鎌次伊東禎蔵小野金吾城六兵衛田中軍太郎堀滝太郎柳井健次山本忠亮

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone