コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤信幸 さいとう のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤信幸 さいとう-のぶゆき

1709-1776 江戸時代中期の国学者。
宝永6年10月生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)磐田郡見附の天神社祠官。はじめ杉浦国頭(くにあきら),のち荷田春満(かだの-あずままろ),賀茂真淵にまなぶ。内山真竜(またつ),栗田土満(ひじまろ)らと古典研究をおこなった。安永5年11月13日死去。68歳。本姓は菅原。通称は右近,右仲。著作に「弊里神官慎終記」「蘭菊解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤信幸の関連キーワード鈴木梁満国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android