コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤利光 さいとう としみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤利光 さいとう-としみつ

1567-1647 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)10年生まれ。斎藤利三(としみつ)の3男。父とともに明智光秀につかえる。山崎の戦いで敗れ,剃髪(ていはつ)して立本と称した。天正(てんしょう)20年の朝鮮出兵には,加藤清正にしたがい,帰国後還俗(げんぞく)。寛永6年妹春日局(かすがのつぼね)の縁で将軍徳川家光につかえた。正保(しょうほ)4年5月4日死去。81歳。名はのち利宗。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤利光の関連キーワードオニール斎藤龍興モラレスパリッシーユセリンクスカバリエリストーンフリース阿部正次マザニエッロ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone