コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤勝明 さいとう かつあき

1件 の用語解説(斎藤勝明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤勝明 さいとう-かつあき

1813-1894 江戸後期-明治時代の国学者,本草家。
文化10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。桜田虎門に経史を,猪苗代謙道の門で連歌を,武田司馬に暦算をまなぶ。また佐々城朴庵らと本草学を研究した。維新後は宮城県庁勧業園主任,宮城師範教授などをつとめた。明治27年5月7日死去。82歳。通称は正五郎。号は松園,百花園。著作に「探海拾玉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤勝明の関連キーワード原在照座田太氏安斎教子円我岸田素屋昇斎一景関直吉園美蔭杣田光明目賀田介庵

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone