コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤勝明 さいとう かつあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤勝明 さいとう-かつあき

1813-1894 江戸後期-明治時代の国学者,本草家。
文化10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。桜田虎門経史を,猪苗代謙道の門で連歌を,武田司馬に暦算をまなぶ。また佐々城朴庵らと本草学を研究した。維新後は宮城県庁勧業園主任,宮城師範教授などをつとめた。明治27年5月7日死去。82歳。通称は正五郎。号は松園,百花園。著作に「探海拾玉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤勝明の関連キーワード明治時代本草家国学者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android