コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤友佳理 さいとう ゆかり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤友佳理 さいとう-ゆかり

1967- 昭和後期-平成時代のバレリーナ。
昭和42年生まれ。アトリエ・ドゥ・バレエを主宰する母・木村公香の指導で6歳よりバレエをはじめる。のちロシアに留学してアサフ・メッセレルやマリーナ・セミョーノワに師事する。昭和60年にモスクワ・チャイコフスキーホール「芸術の夕べ」で,ニコライ・フョドーロフ(のちの夫)と「ジゼル」のパ・ド・ドゥを踊って注目される。62年チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。平成17年芸術選奨文部科学大臣賞。21年ロシア国立モスクワ舞踊大学院バレエマスターおよび教師科を首席で卒業。23年日本バレエ協会服部智恵子賞,横浜文化賞。24年紫綬褒章。神奈川県出身。清水ヶ丘高卒。本名はフョドーロフ友佳理。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤友佳理の関連キーワード7月29日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤友佳理の関連情報