コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤憐 さいとう れん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤憐 さいとう-れん

1940-2011 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和15年12月25日朝鮮平壌生まれ。串田和美らと劇団自由劇場を結成,昭和46年フリー。「上海バンスキング」で54年紀伊国屋演劇賞団体賞,55年岸田国士(くにお)戯曲賞。「春、忍び難きを」の戯曲で平成17年紀伊国屋演劇賞,18年鶴屋南北戯曲賞。平成23年10月12日死去。70歳。早大中退。本名は安彦憐。著作に「幻の劇場 アーニー・パイル」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

斎藤憐【さいとうれん】

劇作家。日本植民地時代の平壌に生まれる。早稲田大学第二文学部中退。1966年俳優座養成所卒業。串田和美,佐藤信らと劇団自由劇場を設立,68年には佐藤信の〈演劇センター68〉結成に加わる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

斎藤憐の関連キーワードオンシアター自由劇場ミュージカル劇団民芸菊田一夫劇作家赤目

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android