コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤憐 さいとう れん

2件 の用語解説(斎藤憐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤憐 さいとう-れん

1940-2011 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和15年12月25日朝鮮平壌生まれ。串田和美らと劇団自由劇場を結成,昭和46年フリー。「上海バンスキング」で54年紀伊国屋演劇賞団体賞,55年岸田国士(くにお)戯曲賞。「春、忍び難きを」の戯曲で平成17年紀伊国屋演劇賞,18年鶴屋南北戯曲賞。平成23年10月12日死去。70歳。早大中退。本名は安彦憐。著作に「幻の劇場 アーニーパイル」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

斎藤憐【さいとうれん】

劇作家。日本植民地時代の平壌に生まれる。早稲田大学第二文学部中退。1966年俳優座養成所卒業。串田和美,佐藤信らと劇団自由劇場を設立,68年には佐藤信の〈演劇センター68〉結成に加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

斎藤憐の関連キーワード村松友視池田浩士一噌仙幸河井貞明北村幸彦清水昶須田一政玉井清弘築島裕辻隆

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤憐の関連情報