コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤耕一 サイトウコウイチ

2件 の用語解説(斎藤耕一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐こういち〔‐カウイチ〕【斎藤耕一】

[1929~2009]映画監督。東京の生まれ。映画のスチール写真家、脚本家を経て「囁きのジョー」で監督デビュー。昭和49年(1974)「津軽じょんがら節」で芸術選奨。他に「約束」「旅の重さ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤耕一 さいとう-こういち

1929-2009 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和4年2月3日生まれ。映画スチール写真家,シナリオ作家をへて昭和42年斎藤プロを設立,「囁きのジョー」で監督デビュー。47年「約束」「旅の重さ」で毎日映画コンクール監督賞,49年「津軽じょんがら節」で芸術選奨。のち「幸福号出帆」などを発表。平成15年日本映画批評家大賞プラチナ大賞。平成21年11月28日死去。80歳。東京出身。東京写真工業大(現東京工芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤耕一の関連キーワード三輪良平阿部照哉飯尾正宏大塚正徳大歳克衛甲田綏郎正田彬諏訪優津金孝邦弓倉礼一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤耕一の関連情報