コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤茂太 さいとう しげた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤茂太 さいとう-しげた

1916-2006 昭和後期-平成時代の精神科医,エッセイスト。
大正5年3月21日生まれ。斎藤茂吉(もきち)の長男北杜夫(きた-もりお)の兄。昭和女子大,早大などの講師をへて,父の跡をつぎ,斎藤病院院長。「茂吉の体臭」「長男の本」「モタさんの笑いの精神学」などを執筆。日本ペンクラブ理事,日本旅行作家協会会長。平成18年11月20日死去。90歳。東京出身。昭和医専(現昭和大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

斎藤茂太【さいとうしげた】

精神科医師・エッセイスト歌人斎藤茂吉(もきち)の長男。東京都生れ。明治大学文学部などを経て,慶応義塾大学大学院医学研究科を修了。斎藤病院院長,日本精神病院協会(現,日本精神科病院協会)会長,日本旅行作家協会会長などを務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の斎藤茂太の言及

【斎藤茂吉】より

…歌人。山形県生れ。別号童馬山房主人。1896年親戚の医師斎藤紀一に招かれて上京。1905年斎藤てる子の婿養子として入籍。この年正岡子規遺稿《竹の里歌》を手にし,これを契機に本格的に作歌に志し,06年伊藤左千夫の門に入り《馬酔木(あしび)》に歌を発表。その後《アカネ》《アララギ》に移り,古泉千樫(こいずみちかし)と《アララギ》発行の実務を担当,活発に作歌・評論活動を続ける。09年森鷗外宅の観潮楼歌会に出席し,北原白秋,木下杢太郎らの影響をうけた。…

※「斎藤茂太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斎藤茂太の関連キーワード斎藤輝子精神科医母子関係

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤茂太の関連情報