コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑尾高原 マダラオコウゲン

デジタル大辞泉の解説

まだらお‐こうげん〔まだらをカウゲン〕【斑尾高原】

長野県北部、新潟県境に近い斑尾山標高1382メートル)の北東麓に広がる高原。標高800~1000メートル。ペンションやホテルのほか、テニスコート・スキー場などの施設があるリゾート地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑尾高原
まだらおこうげん

長野県北部、新潟県境に近い斑尾山(1382メートル)の東麓(とうろく)に展開する高原。新潟県にまたがる。標高800メートル前後で、カラマツ林などの森林地であったが、昭和40年代から地元の飯山(いいやま)市などが観光開発を進め、ホテルやペンションなどが建ち、テニスコート、スキー場など施設もでき高原保養地となった。斑尾山を一周する道路や野尻(のじり)湖への林道も通じる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斑尾高原の言及

【豊田[村]】より

…人口は1958年ころから急減し,80年に一時的に増加したものの,その後依然として過疎化が進んでいる。斑尾高原では夏季は学生村,冬季はスキー場が開設される。97年には上信越自動車道が村内を通るようになり,ほぼ中央部に豊田飯山インターチェンジが開設された。…

※「斑尾高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斑尾高原の関連キーワードニューポート・ジャズ・フェスティバル・イン・斑尾長野県飯山市斑尾高原三水(長野県)新潟県妙高市飯山[市]どんぐり村妙高(市)妙高

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斑尾高原の関連情報